クレジットカード現金化の虜になりました!

悪質なクレジットカード現金化業者の手口にはどのようなものがありますか?

クレジットカード現金化業者には様々なものがありますが、中には悪質な業者も存在します。
特にインターネットのホームページから申し込みするような場合はメリットばかりが強調され、冷静な判断ができなくなってしまいます。
トラブルを避けるためにも悪質な業者の手口はどのようなものがあるか知っておくことをおすすめします。

理由をつけて換金率を大幅に下げられる

クレジットカード現金化の悪質な手口として代表的なものが換金率に関わることです。
例えば、インターネットのホームページのサービスのPRでは、90%以上などと換金率を表示していても、実際に申し込みをすると換金率が大幅に下がってしまうというものです。
色々と理由をつけられて結局振り込まれたのは決済した金額の50%ぐらいになってしまい、大きな損をしてしまったというケースです。最初の話と違うということでキャンセルしようとすると、突然キャンセル料を請求されてしまい、個人情報など連絡先をしっかり伝えていることから不安になってしまい、しぶしぶ低い換金率で取引をしてしまうということもあります。

個人情報を悪用されることも

悪質な業者に個人情報を伝えることで、大切な情報が漏れてしまうというリスクもありますので要注意です。
クレジットカード現金化にインターネットから申し込むときは入力フォームから氏名や住所、電話番号といった詳細な個人情報を教えることになりますし、本人確認ということで免許証の画像を送信することになることが多いです。
現金化の取引はその場ですぐに終わるか、遅くとも数日でお金が振込まれて終わりとなりますが、手続きで教えた個人情報がその後どのように扱われるかは、取引した業者に任せるしかないのです。
場合によっては今まで利用したことのないようなサービスから突然しつこい勧誘が来るようになったり、お金に困ってる人向けの金融商品の勧誘が始まるかもしれません

焦らず冷静な判断を

クレジットカード現金化に申込みをするときは、突然の事情ですぐにお金が必要な状況で、落ち着いた判断ができなくなってしまうこともあります。

業者からの宣伝文句を鵜呑みにせず、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

クレジットカード現金化がぐっと楽しくなる!TOPへ